フードコーディネーターレポート

フードコーディネーターレポート「フードコーディネーターとしての活動レポート」林田さん編

  • 2009年06月29日
  • 日本フードコーディネーター協会

 林田美香さん 

e-femme(イーファム)

 
 

左から2番目が林田さん

 フードコーディネーター2級

(食のイベントメディア)

資格取得に向けて一緒に勉強し、同時期に取得した仲間5人と、
フードコーディネーターユニット「e-femme」を結成し、現在8年目を迎えました。
広島を拠点に、結成当時から変わらないメンバーで、「食を楽しむ」をテーマに
様々な形でフードコーディネーター的活動をしています。
私たちが結成当初から力を入れているのがパーティーの開催です。
既に20回以上は開いています。
会場設定、企画、集客、演出、進行…のすべてを5人が手がけるもの。
客層は30〜60代で、新しい出会いを求める人はもちろん、ご夫婦、食関係の方、自営業者、マスコミの方などさまざまで、毎回60人前後の大人たちが集い大変盛り上がっています。
私たちがチョイスしたチーズ30種を並べた「チーズバー」を設置し、自宅ではなかなか味わうことのないくせ者チーズをみんなで食べて感想を述べ合ったり、野菜の名前を使ったビンゴゲームをしたりといった具合に、毎回フード企画を用意し、ゲストたちに食を日常とは違った角度から楽しんでもらっています。
ビジネスとして見れば、それほど利益が上がるものではありませんが、このパーティーが私たちにとって有意義な出会いと刺激をもたらしてくれたことは確かです。
 
その他の仕事としては、テレビ・ラジオ・雑誌等にレシピの提供をすること、
TVCMやパンフレット用の撮影時のフードスタイリングが主。
デモンストレーションタイプの料理講習会的なイベントも手がけています。
地方を拠点にフードコーディネーターとして活躍するにはまだまだハンディがあります。

職種的にも認知度が低く、活躍の場が少ないのも事実です。
私たちはパーティー開催などを通して「元気に活動しているグループである」ということを常にアピールしています。
「止まってしまったらダメ。いつも動いていよう」と仲間と話しています。
振り返ると「仲間がいたから乗り切れた」仕事もたくさんありました。


「5人組というのはおもしろいし頼もしい」といって依頼された仕事もあります。
今後もお互いの知識とスキルを引き出し合って、楽しく食に関わっていきたいと思っています。

e-femmeホームページ          www.e-femme.net