FC取材特派員NEWS -中国・四国-

おいしいキウイを作りたくて! 大阪から移住した若者が作る“さぬき讃フルーツ”

2014年9月24日

おいしいキウイを作りたくて! 大阪から移住した若者が作る “さぬき讃フルーツ” “キウイ”は、中国原産でヨーロッパ経由 ニュージーランドで品種改良されました。現在世界の主要生産国はイタリア、中国 ニュージーランド等です。 アップル・グリーン色をしたちょっぴり酸味を感じる玉子形をしたフルーツとして、ケーキ フランス料理などによくつかわれています。 そのキウイに魅せられた山田さんと深井さん &nbsp...

続きを読む

香川発 夢の甘味 希少糖

2014年6月20日

餡餅雑煮に見られるように、昔から砂糖に恵まれていた香川 高級砂糖 「和三盆糖」も江戸時代から作られてきました。 そのせいでもないでしょうが、数年前には糖尿病罹患率日本一の不名誉に! その香川県で生まれた「希少糖」は、常識を覆すような、全く新しい糖です 自然界によく見られる糖はぶどう糖や果糖などの数種類に限られ、糖を作っている炭素と水素と酸素の個数が同じであっても、構造がほんのわずかに違うということ...

続きを読む

八幡浜ちゃんぽん物語

ちゃんぽん

2014年4月23日

ちゃんぽんとは?   ちゃんぽんと言って頭に思い浮かべるのは何と言っても 長崎ちゃんぽん。豚肉、魚介類、野菜を具とした麺料理のこと。それ以外にも 色々なものを混ぜること、または混ぜたものという意味があります。 語源は中国語からという説、マレー語インドネシア語「Campurチャンプル」混ぜる、ごちゃ混ぜにするという言葉からという説、沖縄のチャンプルーと関連があるとも言われています。長崎風の...

続きを読む

縁結びのきっかけに 島根ワイン

img10431515851

2014年4月9日

  〈出雲大社〉 昨年、60年に一度の本殿遷座祭が行われた出雲大社(出雲市大社町)。昨年の参拝客は例年の倍近い800万人に上るといい、神話のふるさとは大勢の観光客でにぎわいました。 〈島根ワイナリー〉 その出雲大社から、東へ約2キロ離れたところにある島根ワイナリーは昭和61年に現在地に移転されました。もともとは、昭和32年、出雲市大社町に葡萄加工場を設立し、果汁販売を始めたのがきっかけで...

続きを読む

カレー王国鳥取

DSC_0632-11

2014年3月20日

鳥取県の食と聞いて、全国の皆さんが思い浮かべるのは松葉ガニ(ズワイガニ雄)、二十世紀梨といったところでしょうか。しかし、地元の庶民の味として最も定着している食材の一つはカレーなのです。   〈鳥取のカレーの消費〉 総務省が都道府県庁所在地を対象に実施している家計調査によると、鳥取市のカレールウの世帯購入量、支出金額はともにトップクラス。なぜかはよく分かりませんが、共働き世帯が多いため調理...

続きを読む

みかん検定を受けてきました。

紅まどんな

2014年1月17日

愛媛と言えばみかん、みかんといえば日本の代表的な果物。ちょっと前までは、炬燵でみかんを食べ、子供はみかん汁であぶり出しをして遊ぶ、、というのが冬の正しい日本人の姿でした。(独断と偏見ですが) エアコンの普及により各家庭から炬燵が消え、みかんを置く場所が無くなったことが原因で(嘘です)みかんは果物消費量一位の座をバナナに明け渡し2位転落。愛媛みかんに関して言えば、温州みかんの収穫量が1977年から3...

続きを読む

「梅のさと美郷」 キレイの郷からうまれる極上手仕込み梅酒

梅酒祭り

2014年1月7日

「キレイのさと美郷」 美郷は全国初の梅酒特区に認定された”梅のさと” 徳島の東西を流れる清流吉野川添いに西へ。阿波の富士「高越山」のふもとの町からさらに山間へ向かうと人と自然が共存する町 美郷があらわれます。”梅のさと”である美郷では梅をつかった様々な加工品が作られています。その中のひとつ梅酒は・竜峡小梅 ・鶯宿梅 ・月世界といった3つの異なる品種の...

続きを読む

今もなお鳴門で愛されるうどん「鳴ちゅる」

2013年8月2日

徳島県民は麺好き!?徳島B級グルメといえばとんこつ醤油味のスープに甘辛く煮た豚バラ肉と生卵をトッピングしたすき焼き風スタイルの「徳島ラーメン」が有名?ですがこの他にも徳島には半田そうめんや祖谷そばなど徳島ならではの麺があります。そんな中、まだ徳島県民でさえもあまり口にしたことがなくまして県外にも知られていない御当地B級グルメが徳島にはあります。 その名も<鳴ちゅるうどん> 麺王国、香川県に隣接する...

続きを読む

世界に届け お菓子の力 ~ひろしま菓子博2013準備中~

2012年11月5日

来年は日本最大のお菓子の祭典「ひろしま菓子博2013」が広島で開催されます。  この博覧会は、1911年からほぼ4年に1度、全国で開催され、広島では1921年に当時の広島県立商品陳列所(現在の原爆ドーム)で第4回が開催されて以来92年ぶりに開かれます。今回訪問させていただいた「株式会社平安堂梅坪」さんも 菓子博を盛り上げる広島県菓子工業組合の一社。 広島のお菓子の歴史やお菓子作りにかける思いと、菓...

続きを読む