フードコーディネーター取材特派員NEWS - 月別アーカイブ: 2014年12月-

「昆布-KONBU-にまつわるエトセトラ」

波打つ様な京派削りおぼろ昆布/暖簾のようにも見えます

2014年12月22日

「和食」がユネスコの無形文化遺産へ登録され、2014年12月で1年が経ちました。 私も、色々な現場で、和食の素晴らしさを語り聞くことが多くなったと思います。 そして、必ず、話題にあがるのは、昆布の話です。 何故なら、昆布の”ダシのうま味”こそが、和食の基本要素だからです。 関西の方々には、昆布なしでは、和食は語れんと言われる程、重宝がられております。 北海道には、函館の真昆...

続きを読む

岩手県二戸市浄法寺塗

浄法寺塗片口、ぐい飲み

2014年12月17日

 クリスマスを過ぎますと、そろそろお節料理用の重箱や雑煮椀を取り出す家庭も多いでしょう。漆器はハレの日やお客様用の特別な食器として普段は棚の奥に仕舞い込まれがちです。取り扱いが面倒だとか傷つきやすいからと普段使いには敬遠されているふしがあります。しかし、美しく丈夫で使い込むほどに艶やかに味わいが増す、という漆器があります。「浄法寺(じょうぼうじ)塗」です。浄法寺とはお寺の名前ではなく岩手県二戸市浄...

続きを読む

美味しい和歌山しょうがを見つけました♪

150_2f

2014年12月8日

 和歌山県は、山と海に囲まれているので、山の幸も海の幸も豊富です。 それは県内に住んでいるとわかりずらいのですが、私は他府県を訪れた際に、和歌山県の食のすばらしさを感じます。特に、生モノを食した時の食感が全く異なります。例えば、刺身などがいい例です。 世間一般に普通のお値段で身がプリプリと、そしてとろけるような食感のお刺身を食べられる居酒屋さんが、県内には多くあります。 そんな和歌山県ですが、魚の...

続きを読む

オンリー・ワンのブランド魚「信州サーモン」の秘密に迫る!

信州サーモン4

1. 信州サーモンの不思議 国道19号を松本から長野方面に走っていると、安曇野市明科で、こんな案内看板が出てきます。 「長野県水産試験場 ←(こっち)」 初めて見た時、とても不思議に思いました。 「長野県、海ないのに、なんで・・・・?」 しばらくしてから、理由が判明しました。 アルプス山脈 から流れ出る豊かな水資源に恵まれた長野県。 そう、ここは淡水魚をはじめとした水辺の生物や河川・湖水に関わる研...

続きを読む