フードコーディネーター取材特派員NEWS

地元に親しまれる地産地消のお店ご紹介

関東

2013年2月21日

 

今回ご紹介するのは、地元にとても密着し地元の方たちにとても親しまれているお店を紹介します。イタリア料理の「コメスタ」さんが20周年を記念して出店された中華料理の「醤香(ジャンシャン)」さんです。コメスタさんは、メディアにも数多く紹介されとても有名なお店です。地産地消の活動をされていて千葉県産の食材、調味料を用いたメニューが豊富です。

今回出店された醤香さんもコメスタさん同様、千葉県産の食材、調味料を用いていますが、食器も地元の九谷焼の陶芸作家の食器を使用しています。しかも食器に料理長をはじめスタッフが愛着が持てるように、工房で食器作りに携わり仕上げた食器を使用しています。自分たちで作ったということで、料理を盛り付けるのがとても楽しいと料理長が話されているのが印象的でした。九谷焼はろくろを回すのが大変で、しかもどんぶりなどの大きいお皿を作るのが難しく陶芸家が試行錯誤しながらやっと焼き上げたとの苦労話も教えてくださいました。「そのどんぶりで食べる麺はとてもおいしいのでぜひお召し上がり下さい。」と進めてくださいました。 今回取材させていただいたお料理を一部ご紹介します。

コメ・スタ

住所:千葉県野田市堤根238

電話番号:04-7121-0010

FAX:04-7125-0078

醤香

住所:千葉県野田市堤根238 イタリアンレストラン「コメ・スタ」内

電話番号:04-7123-0131

FAX:04-7125-0078

営業時間:日曜日~木曜日 11時~22時(最終ご注文21時)

         金曜日~土曜日 11時~23時(最終ご注文22時)

              年中無休

ホームページ:http://comestadome.jp/

地図:http://comestadome.jp/info/index.html

 

 

◎手作りの箸おき  

一つ一つ模様を書き入れて、色々な模様があります。どんな模様に当たるか毎回楽しみになります。






◎料理長おまかせ前菜の飾り盛り  

長いお皿、その上にのっている三角のお皿ともに手作りのもので、このように合わせて使用したり、個別で使用したり色々な使い道があるとのお話です。

 

 

 

◎料理長お薦めの「やわらか黒酢酢豚」  

角煮を煮て片栗粉をつけてあげるという丁寧に仕上げたもので、食べると外がカリカリなのに中がとても柔らかいという食感が楽しめます。料理長のお薦めだけあって、食べた瞬間に感動します。




 


◎金ごまと特性辣油の黄金坦々麺  

手作りのどんぶりに入った坦々麺は見た目にとても赤く、辛い印象がありますが食べてみると香り豊かなゴマの風味の後からピリッとした辛さで見た目より辛味がなくとても食べやすくとまらなくなります。ひき肉は、地元のもろ味を使用し、辣油は特性辣油を使用するというこだわりです。  九谷焼はろくろを回すのが大変で、しかもどんぶりなどの大きいお皿を作るのが難しく陶芸家が試行錯誤しながらやっと焼き上げたとの苦労話も教えてくださいました。「どんぶりで食べる麺はとてもおいしいのでぜひお召し上がり下さい。」と料理長のお薦めということもあり、食べる側としても味わい深くいただけます。

 

 

地元の食材とともに地元の人に味わってもらいたいとの料理長の心意気をとても感じるお料理ばかりです。まだまだこだわりのメニューがあり、全てを食べてみたいという欲求が生まれ、また通ってしまう地元の人たちが多いのではないでしょうか。イタリア料理、中華料理のどちらかを選ぶか迷ったときには、両料理長がコラボレーションした「マルコポーロの冒険」というコースをコメスタさんで召し上がれますのでそちらをお薦めします。

 

 

 

今回お店で使用されている料理長、スタッフの皆さんが携わって作った食器は、お店で購入することが出来ます。是非お店で、皆さんの苦労して作った器のぬくもりとともにこだわりの料理を味わってみてください。  








ここまで地産地消にこだわっているお店はなかなかないのではないでしょうか。フードコーディネーターの勉強をしている立場としては、とても参考、勉強になるお店です。これから先も地元の人に親しみ続けるお店を紹介できたことを幸せに思います。 最後になりましたが、社長 渡辺様、コーディネーター 大瀬様をはじめスタッフの皆様お忙しい中取材にご協力してくださりありがとうございました。