フードコーディネーター取材特派員NEWS

日本の中心からVEGANを発信!ナゴヤビーガングルメ祭り!

中部

2014年6月23日

ナゴヤビーガングルメ祭り

ナゴヤビーガングルメ祭り

 GW真っ盛り、今年の5月5日の子どもの日に、鶴舞公園にて”ナゴヤビーガングルメ祭り”が開催されました!

 第4回目となる今年は生憎の雨となってしまいましたが、約2000人もの方がご来場され、お祭り開始後から行列が出来、完売してしまうお店多数という盛り上がりとなりました。

 

 

 

   主催者の吉田光佳さんことみっくんにお話を伺いました。

「今年は非常に残念なことに雨天の開催となってしまいましたが、沢山のお客様にご来場頂きまして、ありがとうございました!」

 そもそもVEGAN(ビーガン)とは、完全菜食主義者のこと。健康・美容面からVEGANになった人、動物愛護から、食の安全面から、環境面からなど理由は様々ですが、お肉やお魚などの動物性食品を食べない・身に付けないライフスタイルを送る人のことです。海外ではVEGAN対応のお店も多く、日本ではまだまだ少ないですが、しかし東京を中心に対応のお店や専門のお店が増えてきています。

ビーガングルメ

美味しいビーガングルメ

-今年で4回目のお祭りということですが、お祭りを始めたきっかけやVEGANになった理由を教えて下さい。

「まず、僕がVEGANになったのは6年前なのですが、当時僕はゲストをお招きして料理を作って振る舞う、というイベントを開催していました..その時のゲストでマクロビオティックの料理をオーダーして下さった方がいました。”マクロビオティックとは何だろう”と思って調べたら、お肉や卵・乳製品など動物性食品を減らした食事のスタイルがあることをその時初めて知り、その食事のスタイルが健康的な身体を作るにはかかせない食事ということも知りました。僕自身スポーツをやっていて、いつまでも現役で頑張るためには肉体を若く保つことが大切だと感じていて、元々興味のある分野だったので、そこからマクロビオティック・ベジタリアンの食スタイルにのめり込んでいったのがきっかけです。

 そして色々なタイミングが重なり、京都でのベジタリアンフェスティバルの司会をやらせて頂いたりして…じゃあ今度は名古屋でも開こうという話が持ち上がり、名古屋のベジタリアンクラブの方々にご協力頂いて開催したことがお祭りのきっかけです」

ベジタリアン食品大見本市

ベジタリアン食品大見本市

-今年のお祭りはいかがでしたか?

「まず、雨にも関わらず2000人もの方がご来場して下さったことに本当に感謝です。確かに晴天だった去年の来場者4000人と比べると半数ですが、晴れの時は、鶴舞公園にたまたま来た方もお祭りに参加して下さるという嬉しいことも起こりえます。だからこそ、雨天での来場者数というのはそのイベントの”本来の実力”を表していると思うのです。雨なのに、わざわざビーガングルメ祭りに参加する為にお越し下さった人の数…2000人という数を誇りに思います。

 企画・運営については、スタッフの方々が本当に頑張ってくれたなと感じています。僕自身は今回、アニマルライツの漫画を描くという新しい取り組みを始めたので、お祭りの準備には前回ほど関われなかったので、今回のお祭りの成功は本当にスタッフさんの頑張りによるものだと感じています」

 アニマルライツとは、動物の権利を守ろうというもの。お肉を食べない、毛皮の洋服を着ないなど個人で出来る活動から、みっくんやアニマルライツプロジェクトメンバーのように、工業製品のように生産されている畜産動物の悲惨な状況を一人でも多くの方に知ってもらう、伝える為にパネル展をしたり、漫画を描いたりという活動まで様々です。

-アニマルライツの漫画はいかがでしたか?

「とても好評で、初版200部は完売しました!元々イラストを描くのは好きで、頼まれて描くということはあったのですが…漫画というもの自体、今回初めて描きました。従来のように衝撃的な写真ではなく、漫画という一般の方にもアニマルライツの考え方に入って頂きやすい形だったことが功を奏したのでしょうか」

-今後のvisionを教えて下さい。

「今年中に、このサイトへ来ればVEGANの情報が分かるという、VEGANのポータルサイトを作る予定です。年に1回のお祭りのご案内、月に1回のランチパーティーのご案内、アニマルライツや栄養学、オンラインショップやお祭りの応援会などのコンテンツを充実させていきたいです。名古屋のベジタリアンの方だけでなく全国のベジタリアンの方に楽しんで頂けるような、日本でのベジタリアンライフを楽しんでもらえるようなサイトを作っていけたらと思っています」

-ランチパーティーは去年の夏頃からのスタートでしたね。今年のランチパーティーはいかがですか?

「去年は、ランチパーティーを通じてお祭りのボランティアスタッフさんを募るのが目的でした、今年は、企業の方とコラボしたり、VEGAN料理をもっと学びたい人やスタッフのステップアップを目指して、より深く楽しめる内容にしていきたいです」

主催者・吉田光佳さん

主催者・吉田光佳さん

-5年後10年後などの長期的なvisionはいかがですか?

「5年スパンで考えているのですが…皆さんにご協力頂いて、カフェやショップなどの実店舗を構えたいですね。年に一回、月に一回だけでなく、ここに来れば会えるという場所を作って皆で運営していきたいです。あまりVegeコンテンツ発信をしている団体さんがないようなので…そういう部分も僕たちが担っていけたらと思います」

-本日は貴重なお話をありがとうございました。

 

 ベジタリアンの方も週1VEGANの方も巻き込んで、名古屋のVEGANムーブメントはますます大きなものとなっていきそうです。

 

ナゴヤビーガングルメ祭り

http://nagoya-vegefes.com/index.html

info.veganfes@gmail.com