資格認定試験

資格試験制度

フードコーディネーター資格認定試験は、3級から1級まで実施しています。

日本で最初の唯一のフードコーディネーター資格です。現在、認定試験は3級、2級、1級試験をそれぞれ年1回ずつ行っており、3級合格者は約28,300人(うち資格取得者 約23,800人)を突破し、2級合格者は約1,470人(うち資格取得者 約1,430人)以上に、1級合格者は約80人(うち資格取得者 約80人)となりました(2018年3月現在)。

フードコーディネーターに必要な知識・技術
資格認定試験へのチャレンジは
食の4分野のマスターから!

フードコーディネーターには、まず「食」に関連する基本的で広範な知識が、次いでフードビジネスの専門的・実践的な知識が求められます。
最終的にはクライアントが抱える課題の抽出と、それを解決する施策を計画・実行するための技術が必要です。

資格認定試験では、3級から1級までの各段階で要求される、それらのスキルの習熟度を測ります。

フードコーディネーター3級

3級資格認定試験では、フードコーディネーターが携えるべき「食」に関わる4分野、「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の幅広い知識を試します。

試験日

10~11月の日曜日

3級資格認定試験について

フードコーディネーター2級

2級資格認定試験では、課題の解決に必要な「食のホスピタリティ・ライフサポート」「レストラン経営」「食品流通」「食の商品開発」「食のイベント・メディア」など、フードビジネスに関わる専門知識と企画力を試します。

試験日

2級試験
6~7月の日曜日

2級資格認定講座
8月下旬の日曜日

2級資格認定試験について

フードコーディネーター1級

1級資格認定試験では、プロとして活躍するに足る実践的な知識と技術を試します。各分野のスペシャリストとの共同作業の中で、問題と解決法を見出し、的確な方向性を示す能力が求められます。

試験日

1次試験(書類審査)
9月末締切

2次試験
2~3月

1級資格認定試験について

協会認定校

当協会では、フードコーディネーターとしての資質、能力、知識の向上を図るために、必要な教科を履修する条件を充たす養成施設を認定校として指定しています。

認定校で所定の課目を履修した者は、3級資格認定試験が免除され、当協会に認定登録を申請すれば3級資格を付与します。
資格付与対象者は、大学、短期大学、専門学校など全国78校(2018年10月現在)の認定校に、認定校指定後に入学した在校生とします。

なお、入学時期、諸費用などは認定各校の規定に準ずることとします。

協会認定校について

FCAJ 特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会 Arrow