更新情報

2級フードコーディネーター教本 訂正箇所について

  • 2018年07月18日
  • 日本フードコーディネーター協会

2級フードコーディネーター教本 訂正箇所について

  

2級フードコーディネーター教本に関して、下記の通り訂正してお詫び申し上げます。
初版・2版をお持ちの方はご確認をお願い致します。
 


P.14 右側下から2行目
下記の一文を削除
したがって、マーケティングの機能からは外すべきである。 


P.31 表1-13.投資計画(15坪スケルトン物件でのレストラン開業)の例
家賃・共益費 坪当たり1万円、共益費月3千円
→ 坪当たり家賃1万円、共益費3千円(月を削除)


P.32 表1-14.返済計画の例 →返済計画の一例

P.74 左側下から3行目
ラフスケッチ計画のシュミレーション~ → ラフスケッチのシミュレーション~

P.121 右側上から4行目
1.を削除

P.133 右側(2)乾燥法・塩蔵法
乾燥法は、素材の水分含有を30~40%以下に押さえる~
→ 乾燥法は、素材の水分含有を30~40%以下に抑える~

P.134 調理法の仏語表記の表
ロティール アラ ブロッシュ → ロティール ア ラ ブロッシュ(アとラの間に空白)

P.142 右側11行目
使用できる420gの切り身の原価=1,000円と計算する。料理に使用するため70gに切り分ければ1,000円÷420g×70g=166.6円となる毎回計算する~
 → 使用できる420gの切り身の原価=600円と計算する。料理に使用するため70gに切り分ければ600円÷420g×70g=100円となる毎回計算する~

P.142 表2-8.原価計算表例 
  
原価計算表例
  
P.144 左側(1)給食の特性 上から8行目
~食事を提供する提供である。 → ~食事を提供する施設である。

  
P.158 図2-10

 

 

 

 

 

 

 

 

P.160 図2-15

 

 

   
p.281 右側(2)ラジオ 上から1行目
テレビに比べると情報の届く範囲は限られるが、生放送が多く身近な感じが持たれるメディアである。 を削除