協会情報

会員誌

会員誌『ジャーナル』は会員の皆様に年6回お送りしています。

過去の会員誌「ジャーナル」はこちら

ジャーナルVol.122【冷凍食品の最新動向】

表紙サムネイル

【冷凍食品の最新動向】

  • 技術の進歩や斬新なアイデアで、魅力ある商品が次々と誕生している冷凍食品。今回は技術と商品の最新の動向について、それぞれの専門家に話をうかがいました。特に、最近注目されている6次産業において、冷凍食品の持つ可能性は非常に高いようです。

【厨房修業1日体験レポート】

  • 厨房やアトリエやオフィスなど、食に関連のある現場で活躍するプロの方たちより直伝でその技を学びます。バターをたっぷり使ったパイ生地やブリオッシュ生地で作られたパンをヴィエノワズリーと総称します。今回はその中でも代表的なクロワッサンを銀座「ブーランジェリーレカン」の割田健一氏に教えていただきました。

【食の扉を開く人】

  • イタリア政府公認のオリーブオイルテイスターで、(一社)日本オリーブオイルテイスター協会の代表を務めている長友姫世氏に具体的な活動内容やテイスティングに関わるお話をお聞きしました。

【フードコーディネーター必携アドレス帳】

  • お仕事に役立つアドレス帳を掲載。毎号テーマを変えて連載。【食のOEM企業】食の受注加工(OEM)を行なっている企業をリストアップしました。

【世界の食文化を知る】

  • 煮込み、マッシュ、チップス。伝統料理はジャガイモで作る。アイルランドからのレポートをお送りします。

【食文化、お国めぐり】

  • フードジャーナリスト、食文化研究家の向笠 千恵子氏が日本全国の食文化を紹介。
    今回は、「津軽、南部、下北、それぞれに豊かな食文化『青森県』」。

【フードスタイリング演習】

  • 当協会常任理事、赤堀料理学園校長の赤堀博美が、5回に渡ってフードスタイリングの実例を用いてその仕事を紹介します。4回目の今回は、「食器選び」。食器のリースができるお店の紹介や選ぶ際に注意している事など、フードコーディネーターが食器をどのように選んでいるか具体的にお話しします。

【イベントレポート】

  • 「FCAJ京都研修交流会レポート」 「京都『瓢亭』、茶事における懐石料理の体験」

【FCAJニュース】

  • 「JFフードサービスバイヤーズ商談会」

【会員紹介】

  • さまざまな食の仕事で活躍する会員さんをご紹介。

【認定校紹介】

  • 今回は、神奈川県の学校法人誠心学園国際フード製菓専門学校です。

【法人会員名簿】

  • 法人会員27社より許可をいただいた企業のみ掲載しています。

【食の用語再チェック】

  • 「洋菓子」前編。数多くある洋菓子を「前編」「後編」2回にわけてまとめ解説しました。

【食のイベントカレンダー】

  • 食のイベントやカルチャー情報を紹介。今回は2~3月分を掲載。

【フードアートギャラリー】

  • 今年度の表紙のテーマは、「季節の素材で作る、フルーツ・ベジタブル・カービング」。
    700年以上の歴史があるタイの伝統芸術、タイ・カービング。小さなナイフ1本で繊細に彫られた作品の数々をテレビや雑誌、イベントで活躍中の平松佳子氏がご紹介します。今回は、「ハートの花」。バレンタインデーをイメージし色合いの異なる2種の大根に、ハート形で構成した花を彫りました。

【事務局からのお知らせ】

<< 前の記事 次の記事 >>